NASHVILLE LIFE
HOME> NASHVILLE LIFE> HOW IS NASHVILLE LIFE?
 

NASHVILLEってどんな街?

ここでは、Owenのあるナッシュビルについて、簡単にご説明します。テネシー(Tennessee)州はアメリカ合衆国16番目の州として1796年に成立し、現在の人口は604万人(2006年)で全米第16位の州となっています。

「アメリカ南部」=古き良きアメリカ


 おそらく一般の日本人にとって、テネシー州のあるアメリカ南部地域はどちらかといえばなじみの薄い地域ではないかと思います。また、アメリカ南部と聞くと、政治、文化的に保守的、もしくは有色人種への人種差別の名残が存在すると言った少々閉鎖的なイメージを思い出す方もいるかも知れません。日本のマスメディアを通して目にする事のできるアメリカは、多くのものがニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴなどリベラルな大都市についてであり、南部の地方都市については断片的に報じられる場合が多い事が一つの理由となると思います。しかし実際は、多くの南部地方都市がしっかりとした教育機関や経済基盤を持ち、他州、海外の都市との交流を通じてオープンな都市づくりを行っています。中でもナッシュビルは全米でも著名な教育機関、音楽産業、ヘルスケア産業を有する中規模都市でありながら、比較的住み易い都市として評価を受けております。(以下の表をご参照)

また、南部の地方都市に住む多くの人は、アメリカ本来の生活様式など、昔ながらの文化を保ち続けて生活をしています。特にナッシュビルでは、多くの人々が信仰心に富み、それぞれのコミュニティを作りながら穏やかに暮らしており、そして街は南部ホスピタリティに溢れています。また人口構成においても、他の大都市と比べた場合、移民系を除いたアメリカ人の割合が比較的多く、南部でも代表的な昔ながらの街を体験する事ができます。つまり、ナッシュビルは本当の「古き良きアメリカ」を体験できる理想的な都市だと思います。

犯罪の発生率に関して特に統計的なデータを拾ってはおりませんが、 治安に大きな不安はない街だと実感しております。特にOwen のあるダウンタウン西側から、Owenの学生の多く住むWest End, Hillsboro, Green Hills, Belle Meade, West Meade, Bellevueエリアは、常識的な生活を営む上では(深夜に盛り場・コンビニ・ガソリンスタンドに行くなどのリスクの高い行動をとらないという意味です)非常に治安の良い地区です。

 

都市名

人口*1

全米人口順位*1

平均家賃(月)*2

New York City (NY)

8,143,197

1

$2,400

Chicago (IL)

2,842,518

3

$1,003

Philadelphia (PA)

1,463,281

5

$990

Boston (MA)

559,034

24

$1,216

San Francisco (CA)

739,426

14

$1,573

Nashville (TN)

549,110

28

$750

*1: http://www.infoplease.com/ipa/A0763098.html

*2: http://realestate.msn.com/Rentals/Article.aspx?cp-documentid=26217 

 

        


意外と日本に近い街

 

また、ここテネシー周辺は、日本の製造業にとって非常に戦略的な意味を持っている場所でもあります。というのも日系自動車、電子部品メーカーなどが、この周辺地域に多く集まっているからです。彼らは、5大湖周辺の組合の組織力が強い州から逃れ、あらたな生産体制を確立すべく南部へと歩を進めたのです。例えば、ナッシュビル郊外には北米日産の本社があり、ほかの日系部品メーカーも日産に従い進出しています。よって、ここテネシー州は日本人にとって住みやすい環境が ある程度は整えられています。また、ナッシュビルには、寿司屋や日本料理屋がかなりありますし (ただし日本人経営の店は少ないです。。。)、ケンタッキー州からわざわざ日本人が買出しに来る日本の食材店もあります。
そして、今後も日本企業との良好な関係を強化するべく、テネシー州自体が日本企業を積極的に誘致し続けています。
2008年1月よりニューオーリンズにあった日本総領事館がナッシュビルに移転してきました。

 

 

                   

 

参考:テネシー州政府日本事務所 ( http://www.tennesseejapan.com/index.html )


カントリーミュージックの聖地


 我々の住むナッシュビル(Nashville)は、このテネシー州の州都として、周辺総人口100万人を擁する、南部の中核都市のひとつです。古くから音楽産業の中心として栄え、Music Cityの異名がついています。いわゆるカントリーミュージックの元祖ともいえるブルーグラスの発祥地でもあります。現在でも街にはレコーディング用のスタジオやカントリー専門のケーブル、ラジオ放送局が沢山存在します。また、ダウンタウンの目抜き通りにはカントリースタイルのバー、レストランが立ち並び、週末は深夜まで多くの人々で賑わっています。

 

        

四季と壮大な自然


 ナッシュビル中心から少し車で走れば、日本では考えられない住環境を享受できます。多くのアパートや住宅が森や林などに囲まれているため、都市的でありながら、大自然を実感できるという稀有な環境はナッシュビルの大きな魅了になっていると思います。また30分ほど郊外に走ると巨大な湖や自然公園が沢山存在します。アウトドアシーズンに突入すると週末は勿論の事、平日の夕方でもマウンテンバイク、フィッシングやボート、更にはBBQを楽しむ人で賑わいます。

 ナッシュビルの気候は、東京の気候と比較すると、冬が短く夏が長く感じられます。実際に、冬の冷え込む期間が12月から2月と短く、夏においては5月下旬から10月上旬と暑い期間が長くなります。時には、12月でも半袖という日が何日かあります。

 

          


というように、多角的な魅力をもった町、それがOwenの位置するナッシュビルなのです。

TOP